Days

日常と読書日記。 受験生日記は閉幕です。

カテゴリ:text > movie

見:イオンシネマ綾川  野球日本代表、いわゆる侍ジャパンのドキュメンタリー映画はこれまで2本作られている。前回のWBCをドキュメントした2017年の映画と、稲葉ジャパン誕生から2019年のプレミア12制覇までを描いた映画だ。前者は見たのだが後者は見ておらず、という …
続きを読む

見:イオンシネマ高松東  スピルバーグの自伝的映画と聞いたため、私小説なものなのだろうかと予想しながら見ていた。まず面白いのはタイトルがフェイブルマン”ズ”である、つまり複数形になっていることだ。主人公であるサミー・フェイブルマンの若き日々を描くのがこ …
続きを読む

見:イオンシネマ綾川  間違いなく言えるのは、これはボーナストラックなんだなということだ。何より映画1本の分量として、70分というのは短い。短いうえに、70分の中に学園時代最後のライブと、その後の彼女たちの姿を描いているので、どう考えても詰め込みすぎである。 …
続きを読む

見:イオンシネマ高松東  2022年はそこまで多くの新作映画を見たわけではないが、年末に見たこれが結果的にぶっちぎりだなと思った。声優交代についてツイッターがかなり燃え上がっていたし、発表になったyoutube配信も少しだけ見ていたので(だからと言ってどうのこうの …
続きを読む

見:Jaiho  少し前から意識して韓国の映画を見るようにしているが(本数はまだまだ少ないけれど)、その中でも今回Jaihoで2か月間配信されていた『最善の人生』はインパクトのある映画だったと言える。『はちどり』を見た時のような、10代の少女の危うさをもろさを感じた …
続きを読む

見:Jaiho  Jaihoでの配信は昨日までだったので、サッカー(カタール対セネガル)の音声だけ聞きながらこの静かな映画を見た。ミカエル・アースは『サマーフィーリング』が好きだったので見てみたが、『サマー』と似ているのは喪失による傷をいかにして回復するかという …
続きを読む

見:Jaiho  この映画は「ガール」であることがきっと重要なんだろうな、と思いながら見ていた。女性が多く登場し、クモもたびたび登場するが、ガールもスパイダーも、ともに複数形ではない。そして、決してホラー映画ではないけれど(クモを含んだ虫は要所で登場するが幽 …
続きを読む

見:Jaiho  映画を見終えた後に検索をかけたら上記のインタビュー記事が見つかったのでGoogle翻訳をかけて読んでみたが、このインタビューでユン・ダンビ監督が試みようとしたことがかなりの部分ネタばらしされているなと感じた。特に次の部分のやりとりは、この映画の …
続きを読む

見:Amazonプライムビデオ  印象的なタイトルには気になっていたが映画館には間に合わず、少し後悔していたところにあっという間にAmazonプライムビデオ入りしていたので見ることにした。期待していたように、一貫してタクシードライバーの役を演じる伊藤沙莉がいい。お …
続きを読む

 ちょうど新型コロナが流行しだしたころに日本のインターネットでも少し話題になったのが「n番部屋事件」だった。過去にない規模の参加者のいた集団的性犯罪であり、このネトフリのドキュメンタリーでも強調されていたように明確な性搾取の事件だった。日本で話題になった …
続きを読む