ノーリーズンとシンボリルドルフGo Strike

2004年09月16日

ダイヤモンドビコー

引退してしまった愛馬ダイヤモンドビコーも今週のローズS勝ち馬。結局最後までG1は捕らえられなかった。

 あー、楽天がプロ野球参入の意向とか面白いわけですが。livedoor.comにしても盛り上がっていくのなら嬉しい。横浜の山下大輔が辞任、と。広島の山本浩二は撤回。
 あれだな。この泥沼化した状況をまず考えろ、ってのは誰も分かっちゃいないんだろうな。ダイエーみたく身売りも全く考えていないんだよな。参入したいところがあるんだから売っちゃえばいいじゃないとか思うけど。
 ドラフト改革もしなくちゃいけないだろうなあ、と思っていたら報道ステーションで特集されてた。江川事件からつい最近の一場事件まで。ってか一場事件の場合は今更なんだけど、さ。そのあたりはもはや田沼意次ばりで田沼恋しき、みたくなっちまったら最悪のパターンですわ。ファンにとってはね。上にとっては収支が多い方が嬉しいだろう。マイナスは少ない方がまだいいだろう。
 少なからず、参入が来年から無理というのはどういうことなんだろうね。って今日の結果見て思ったわけだからそのあたりちゃんと説明して欲しいわな。まだまだ隠し持ってそうな愚弄な上層の態度見てたらさっさとカード切りやがれ、ってね。選手も多分頭の中でつぶやいてるんでしょうが。どうしようもないわけじゃないだろう。コミッショナーは倒産とかほざいてたがそんなに簡単には潰れないだろう。とも言えないわけで根拠を明確にしろって。そうじゃないと選手は当然、知る権利を持っているはずの国民、まあプロ野球ファンは納得できない。最悪なほど、ね。
 国技の相撲やサッカー人気からバスケやバレー、競馬まで色んな方向に散らばっているとは言えプロ野球というのは最大の、庶民の楽しみだったはずだ。今も昔も最大かどうかは分からないが庶民の楽しみであることに変わりないだろう。プロを夢見る少年や学生も多いはず。それでここまではっきりとさらけ出されたら今度は今年のドラフトのムードがやはり最悪になるんだろうなあ、と。このままずるずる引きずって来シーズンがちゃんとした状況下、精神で行われるのだろうかという不安まで生まれてきてしまう。楽しみを奪うな。奪っちゃ行けない。経営がしんどいのは分かる。だから、と余計につまらない方向や難しい方向にするより楽しい方向を見いだせ。少なからず12球団存続だけでも楽しいだろう。また来季頑張るか。応援していこう、という気持ちはあるはず。しかしまあ、ドラフト制度は変えないといけないけどね。
 取りあえずは、また明日かい。ヤクルトつえーよ。4連勝だよ。古田はホームランも打ってるよ。宮本も帰ってきて前と格段によくなった。土橋や城石も前々から悪くないと思ったが往年とは言え宮本はすげえ。

 長々と書いてしまった。イマイチまとまりないかも知れんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 05:55│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ノーリーズンとシンボリルドルフGo Strike