ヴィーヴァヴォドカワンルーム・ディスコ

2009年03月25日

ヒカルカザブエ

 とりあえず、WBC優勝おめっと。9回のあの展開はないわーと思って見てたが10回に輪が東京ヤクルトのイム・チャンヨンとイチローの勝負になるとは思わない。イム・チャンヨンに打ち取られたら半ば悔い無しと見てたがさすがイチロー、4球粘ってセンター返し。イム・チャンヨンの球数は40近くなってたのでクローザーであれは引っ張りすぎで、その前にも内川と岩村に打たれてたんで特別イチローが神!ってわけでもないんですが(そういう報道のされ方なので)ほんといいとこ取りしすぎです。
 イチローが活躍したのは主に決勝トーナメントの2試合。それまでは中島、青木の2番3番と稲葉あたりが本当によく頑張った。最初から最後までフル回転だった青木に個人的にはMVPをあげたい。あとやっぱり川崎宗則の献身かなあ。準決勝でスタメンになるまでは打者が歩かされたときにバットとグローブを拾いに行くシーンがよくテレビにも映ってたしベンチでも声を張り上げている様子だった。それでいて準決勝のアメリカ戦は彼がいなかったらもっと混戦だったかもしれない。
 まあ、個人個人の名前を挙げてみたけど全体的にソツのない打線と抜群の安定感を誇った投手陣全員の勝利でしょう。無難だけどそうとしか言えない。打者に至っては誰が欠けていてもダメだった。ああ、亀井はいらなかったかもしれないが。優勝したからよかったけど負けてたら原の招集はちょっと問題にされたかもしれない。
 北京で一体何をしていたんだろうというくらい、東京ラウンドは調整という感じだったがアメリカに行ってからは見ていて韓国以外には負ける気がしなかった。原の采配もだんだんよくなっていった感じではある。
 とりあえず次からはアメリカさんにまたルールの再考を願わねばならないし、松坂世代がもうピークを過ぎる年齢になるので難しくはなるだろうね。ただ、ダルビッシュ世代が次はいい時期(26前後かな)になるので、涌井も次は当然エース級として先発候補になるだろうしさらに下にはハンカチ世代のマー君もいるし、その当のハンカチ君も代表になるかもしれないし、投手陣に関してはうまく世代交代が進めば松坂世代よりも面白くなる。3年前の今頃はダルビッシュがまだ一軍でそれほど投げてなかったからなあ。3年前のシーズンに入って本格化し始めるんだけど。この人は本当にとんでもない。打つほうでは今度こそ中島や青木あたりがリーダーシップを発揮してほしい。イチローは39歳だが出るんだろうか。

 朝のクロノスでもやってたし昨日のもう一つの騒ぎとしては、もう一人のイチローである小沢一郎に関して。藤原紀香と陣内がらみはどっちでもいいです。私人間のお話なので私人間で解決されることを望みます。
 会見ではああ言ってたが政権をとりたい気持ちは深いものだろうと思う。そうでなくて涙が流せるか、というのとまだ辞めないでいられるか、というのだ。一度辞めた人なので、あの時と今は違うということははっきりした。
 ただ事件のこと、事実のことに関してはまだはっきりしてないことが多いし、何故小沢だけっていうのは理解できる。裏金なんか探せば探すほど出てきそうだし、西松関連の金は自民にもいっぱい流れているわけだし。法律を犯している以上逮捕されるのは当然と言えば当然かもしれないが、まあそれだったら極端な話学生街の飲み屋に繰り出して未成年に飲ませている店をばったばったと逮捕することだってできるだろう。まあそれをするのは地検じゃなくて警察だけど。高校生相手の場合はしたとしても大学生相手の場合はまずそれをしない。法律違反を全て検挙、逮捕するとはそういうことで、明らかにメリットの少ないようなことを警察も検察も公権力はしないだろう。ビジネスじゃないのだし。
 極端に限定されている点に関しては何らかの説明が欲しいところだ。ホリエモン逮捕のときみたいに、結局外に波及しないなんてことになったら完全に潰しにかかったと見られてもおかしくないしそうとるのが自然かもしれないとも思う。
 西松の問題が事実的には自民にも波及したこととか、ある種の小沢の潔さというのもあって案外民主党支持は落ちないんじゃないかと思われる。最初にニュースになったときの世論調査でも落ちてはいたけれど自民はもっと低い。決定的な何かがなく事件がただ長引くようならむしろ落ちた民主の支持は多少上向くのではないだろうか、と。個人的には小沢が続けてくれたほうが面白い。まだ喋ってないこともあるだろうし、代表の座で居続けることで責任をとろうとする姿勢は嫌いじゃない。日本人は何かあったらすぐ辞めて退いてさようならだし、それが一番の説明責任だっていう感覚がある気がする。つか今日の朝日の社説がもろそうだったな。

 昨日忘れてたのでネットで前期の履修を組んでました。んー、まあまあかな。履修制限のせいでゲーム理論は延期。来年にでも暇だったらとろう。入門レベルなんで本読むだけでもいいっちゃいいんだが。オープンも入れる隙間はあるけど制限のせいでとれない。なんでうちはこんなに制限が厳しいんだろう。高校のツレとか他の大学の人たちは年間48くらいとれるらしいのに。
 経済系は去年無難にとったので前期はとらないで後期にセメスターでとることに。なので前期は暗記系が多いなあと思って眺めている。抽選乗り越えてとれれば、の話なのだけど。ドイツ語も難しくなるしなあ。単語の勉強と文法の復習と、あとリスニングとかそろそろやり始めないとひどい。後期は初めてオンデマンドをとろうと思います。多分。必修も後期に回しました。前期だと組み込みにくいので。ゼミの前提かと思ったらそうじゃなかったので後期でもいいかなと。ゼミの前提はもう全部とってるので安心。

 半藤さんの『幕末史』が面白いっす。慶喜がテラヘタレな件について、とか。朝廷と幕府の対立をねじれ国会に例えているのは面白い。確かにそうだね。外国からしたら分かりにくいことこの上ない。一次資料がちょくちょく引用されていて、あくまでも小説ではないけど語り口が上手くて読みやすい。小説ではないけど登場人物が皆生き生きとしているからなのだろうね。良くも悪くも個性が強い人たちのお話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 10:11│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヴィーヴァヴォドカワンルーム・ディスコ