ダブルエッジワンカラット

2009年03月07日

neue welle

 クラナドアフターの21話が辛すぎる。あんなのを深夜に流してはいけないよ、眠れないじゃないか、と。一期と同じで22話となる来週で最終回。話が持たなさそうな気がしていたので、無難なのかな。朋也が自立してから同級生が登場するシーンもほとんどなく、20話で杏と風子がひっさしぶりに登場したくらいか。
 来週どうなるんだろう。あの展開で幻想世界と絡めてどう終わらせるんだろう。バッドエンドではさすがにないと思うが。

 作中ので朋也が来ていた水色のトレーナーに「NEUE WELLE」と印字されていた。neuは英語でnew(neueなのはneu+e。ドイツ語の場合は名詞と格に応じて形容詞が活用する。めんどうくさくてたまらない)でwelleはwaveの意味なので「新しい波」という意味だろう。
 何かを示唆するような言葉だけど、どう繋がるんだろうか、と。最終回はきっと涙なしではいられないだろう。18,19話あたりも号泣ものだったけどね。父と子のシーンは死ぬほど泣きたくなった。

 新しい波、をもう一つテレビで見た。これはまったくの偶然でクラナドとはなんの関係もない。
 ここ数日騒がしている西松建設の献金による民主の小沢の秘書逮捕に関してだ。それが西松にパーティー券を売っていた自民の議員にも波及し、大物では二階俊博が返還するとか言ってるが返すあての団体はもうなく、昨日も国会で共産の議員に散々叩かれていた。その二階の派閥が新しい波、ということらしい。年寄りの派閥のどこが新s(ry
 今日の朝日に西松に関わりのある議員一覧が出てたがほっとんど自民じゃないか。小沢の秘書逮捕が決まってマイナス5点のオウンゴールだとかとくだねでは言ってたが、つきつめればつきつめるほど自民の立場のほうが悪くなるのは間違いない。ただ、小沢が一番最初で、おそらく一番額が大きいだろうから叩かれるのは必至だろう。これでも私にはなんのやましいところがなく、辞めないと言っているあたり、政治家としての度量の大きさを感じたが。ただ、腹をくくった以上言い訳はもうできないんだけどね。キターとばかりに小沢と党批判をしていた前原は離党すればいいと思う。前から思ってたが。
 実際小沢は一度辞めようとした人だしあの口べたではどうしても首相の座じゃないので、この機会に岡田あたりに譲ってはどうだろうか、と思わないでもない。ただ選挙を戦うには小沢のほうが強いんだけどね。岡田は郵政解散でボロ負けしたわけで。ただ、それも今の小沢と比べてだし、自民は小泉ではなく落日の麻生だし。もはやどうにでもなれ、ですかね。

 明日は名古屋国際女子マラソン。四国新聞曰く優勝者のオリーブの冠は小豆島産らしい。誰かが名古屋まで持っていくんだろうか。
 木曜日のすぽるとの特集で新谷仁美が出るっていうのを聞いて楽しみが増えた。有力処が大南の姉くらいだったので、新谷が出てくれれば大南とどこまで勝負ができるかは別として盛り上げてはくれるだろう。高校駅伝で最強を誇っていただけに期待したいね。過度な期待はまだ若い彼女には禁物かもしれないが。
 彼女が豊田自動織機所属なのは初めて知った。脇田茜もいればオリンピックランナーの小林祐梨子もいるし、若手が有望すぎるぜ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダブルエッジワンカラット