日付変わって、今日は甲子園決勝、サッカー国際Aマッチ3連戦と大忙し。甲子園は学校があるんで熱闘甲子園のほうで。 
 カメルーン戦とU-17のナイジェリア戦は中継で見るつもり。ぶっちゃけU-17のほうが面白い。U-20のときもアジアカップより面白いと思ってたんで(オーストラリア戦は別)A代表にもっとそういう試合を期待。
 若さ故の自由と爆発力、チームも長い間気の知れたメンバーだから、ユースで日本が活躍するのは妥当なのかもしれません。それが大人になっていくごとにだんだん制約も増えて、世界との距離が遠くなっていく。
 どうのこうのっていうのは難しいんだけど、アジアカップを見る限りは闘争心はU-20に完敗だった。せめて気持ちだけでも、と思いながら。甲子園とプロ野球の違いみたいな感じかも。巧さの問題じゃない。いやまあ、それでも今のユースは巧いけど。年下とは思えん(当然

 河合マーク明け、久しぶりの学校は疲れの残る。
 とりあえず日本史と政経とIAの復習はしてみたんだが、日本史は悔しいところがいっぱい。寝てたっけ?政経は5分前に目が覚めてあわてて直したところが合ってたんだけど。日本史が政経に負けることは基本あってはだめなはずなので。
 IAは、一問と四問をどうしてもっと落ち着いてやれなかったのかと。二問は計算ミスで終わり( 三問はよく練られたいい問題でした。立体もできるようにならないとね。

 進研ゼミに記録してるものによると8/19までのトータルは172.5h/300h。
 O.C.とそれに伴う疲れなどで予想以上に伸びてないというのが実情。目標は、250に下げます。

study
8/20:1h[英語10m日本史と政経50m](河合の反動)
8/21:10h[数学3,英語3.5,日本史3,国語0.5]
トータル:183.5h/250h
(残り10日間/64.5h) 
[予定]
 河合の復習、速単リーディング、竹岡の英作、総解英文法、流れが分かる日本史Bテーマ史、LT現代文、読み解き古文単語
 数学は随時プリントで。今日から二次っぽいのをやり始めました(出典は「入試頻出 これだけ70 数学記AB」から)
 あと自習用にZ会のチェック&リピートは評判いいので買うかも知れません。

8月の読了本
『サマー/タイム/トラベラー 1・2』新城カズマ
『冷たい校舎の時は止まる』辻村深月
『ぼくと、ぼくらの夏』樋口有介
 今年34〜38冊目
 樋口を読んでると恋がしたくなります。どうしようもないくらいに。