有馬記念予想ナイキアディライト

2005年12月25日

【人馬ともに】ハーツクライ【悲願のG1初制覇】

 ハーツクライおめでとう!各新聞紙上はディープインパクト負けたとか書き殴ってますが。いや普通は勝った馬を取り上げるべき。「ディープインパクト負けました、勝ったのはハーツクライ」でなくて「ハーツクライ悲願のG1初制覇、ディープインパクトは惜しくも2着」あたりが中立的な感じかと。善戦マンが解き放たれたわけです。リンカーンも宝塚4着ジャパンカップ4着有馬記念3着とか頑張ってはいるんですが。去年よりは強くなってる気がするんで、また来年に期待しますかな。ハーツクライを真似してもっと積極策をしてもいーかもしれない。デルタブルースより人気がなかったのは意外なんだけどな。
 ま、これで勝ってたらまた騒ぎになってたし、古馬の意地と騎手の巧さというものを見れたので、楽しかった。ディープインパクトが引退するまではそれなりにブームは続くかも知れませんが、来年は今年よりはマシかな。そういうほうがいーです。予想的にもw

 ルメールめちゃくちゃ嬉しそうでした。重賞初勝利がG1。まだ勝ってなかったんだと。去年のダンスインザムードとか今年のダイワメジャーにしても。あとは豊と横典。この組み合わせは今年何度見たことか。リンカーンはあくまでも無印にしなかったんですが。ハーツクライのスタートがあんなによくて完全に折り合ってて理想的なパフォーマンス。ディープインパクトに関しては位置取りが後ろすぎで一周目ちょっとだけ行きたがってた感じも(菊よりはマシでそれほど気にはならなかったけど)したわけですが。4角である程度前に行ってるのかと思ったんですが中段待機してたんですかね。その点ハーツクライは積極策。
 リンカーンもなんだけど直線挟まれてるし。切れる脚を使って短い中山の直線を伸びきったところがゴール。ディープインパクトとは通った位置が違うから、その点の利が最後に繋がってる。あと100m長ければつかまってたよ。ディープインパクトはあくまでも対抗評価でよかった。ハーツクライは完全に舐めてた。レースぶりが素晴らしいです、本当に。
 あとコスモバルクですかね。五十嵐が完全に折り合ってたんで、直線向いたときの手応えもよかったし、来年が楽しみかなと。やっぱりバルクは五十嵐冬樹。なのかな。
 コイントスは堅実すぎ。ヘヴンリーロマンスも伸びてるけど位置取りがディープインパクトより後ろでは届くものも届かない。ゼンノロブロイは外してよかった。手応えなくレースぶりが悪かった。これが引退レースということだが、まあ仕方ないか。タップダンスシチーもお疲れ様。逃げてくれてありがとう。そうれなくちゃらしくない。
 オースミハルカもお疲れ様。スタートがよかったから逃げる形に必然的になったのかもしれないけどスタートがよかったのも含めてかかりながら走ってました。これで完全に駄目だなと。逃げた事じゃなくて折り合いの面で。ただ、個人的に一番好きなレースに一番好きな馬が出走してくるというのは本当に楽しかった。ありがとう。

 ファイナルSは単勝610円と馬連870円が当たってたり。◎−○で決着。最後は締めました、と。
 そしてあとは東京大賞典。

 今年のベストレースはと聞かれると難しいんですが。
 個人的にも鞍上も快心だったのは、ラインクラフトの桜花賞。圧巻だったはディープインパクトの菊花賞。一番楽しめたのは、ジャパンカップかな。難しいんですが。オマケで阪神牝馬Sとかも。オークスの時本命だったダイワエルシエーロの復活したマーメイドSも印象的。
 ベストじゃねえ、回顧になってる。まあ、いいや。なんだかんだ言って楽しめたよ。三冠馬なんかそうそう見れないし。オースミハルカが女王杯勝ってれば、なんだけどね。みんなお疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 22:16│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
有馬記念予想ナイキアディライト