CBCとたんぱ杯2歳Sの予想【人馬ともに】ハーツクライ【悲願のG1初制覇】

2005年12月24日

有馬記念予想

◎オースミハルカ
○ディープインパクト
▲ヘヴンリーロマンス
△リンカーン
×デルタブルース

 本命オースミハルカは早々と決めていたことで、理由は色々あるんだが有馬だから。一番好きなレースくらい、自分の好きな馬から行きたいと思う。大外枠を引き当ててしまったが桜花賞でもラインクラフトを本命に差した経験からかそれほど気にはしていない。行きにくいが、逆にそこを突いてくる騎乗も見たい。いつも通り行っても、文句は言わないけど。ファインモーション、テイエムオーシャン、スティルインラブにも勝ってきた馬。牡馬一線級とは初めてのレースとなるが、今年は牝馬の年だ。なんでもありでいいじゃない。
 前回のクリスマス有馬記念は1994年、ナリタブライアンが勝っている。それ以来の三冠達成をしたディープインパクトの有馬記念もまたクリスマスということで。何と言っても55キロで走れるのが魅力。ただ、あくまでも古馬勢に頑張ってほしい。
 天皇賞馬ヘヴンリーロマンスは前走7着も持ち時計がそれほどないと言われた中で優秀な時計を残している。反動が恐いくらいか。
 ジャパンカップ組ではリンカーンもなのだが、前走はあくまでも巻き返した感じでもある。中山の舞台が向くかどうかは分からないが、4角まくりで突き抜ける力はあるはず。今年の宝塚記念のようなレース運びが理想か。鞍上も堅実な男で面白い。
 長期休養明け3戦目、完全に狙ってきたデルタブルース。鞍上ペリエは現在有馬記念3連覇中。
 ゼンノロブロイは今年の戦績がオペラオーと似てるのがちょっと。去年ほどの圧倒的強さというのがないので、堅実に絡んでは来そうだが敢えて消した。タップダンスシチーも無印にしたがタップらしい走りを期待。レースを盛り上げて欲しい。

 東京大賞典はあるが芝では最後のG1。一線級牝馬2頭、年度代表馬、そして何と言っても三冠馬の参戦でいつになく盛り上がるであろう有馬記念。本当に楽しみだ。予想はしたものもなんだかんだ言って楽しみたい。

 おまけでこれも年末恒例ファイナルSの予想。印だけ。去年は当たった気がします。エリモピクシーだったかな。
◎ニューベリー
○アルビレオ
▲ロードマジェスティ
△ハッピートゥモロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 22:20│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
CBCとたんぱ杯2歳Sの予想【人馬ともに】ハーツクライ【悲願のG1初制覇】