コイントス甲子園決勝と札幌記念、サマーダッシュの予想

2005年08月19日

大阪桐蔭対駒大苫小牧

 野球見てましたよ。決勝は京都対大阪にでもなるのかなあと思ってたんですが京都対北海道。西対東という意味ではいいかも。けど今日の試合は事実上の決勝戦かも。

 駒大苫小牧2年連続決勝進出。注目がますます高まる大阪桐蔭とは別にディフェンディングチャンピオンとしての駒大苫小牧は道予選当時の法のプレッシャーが高かったとも言っている。今も完全に消えきっているわけではないだろうが、大阪桐蔭には注目され続けるプレッシャーというものが大分あったはず。ディフェンディングチャンピオンとしながらもチャレンジャーとして大阪桐蔭に挑めたのも大きかったかなあ、と思ってみた。
 駒大苫小牧は林や辻といった去年の優勝メンバーの存在も大きい。林は去年のサイクル男だしキャプテン。辻も今日の決勝点含めて活躍は素晴らしい。そして何より去年決勝まで勝ち進んだという「経験」が大きいか。トーナメントを負けないで、しかもこれだけの大舞台で優勝したという経験は大きいはず。その利もあったかどうか、自分らしいプレーができていたんじゃないかと。林はキャプテンとしてトップバッターとして、今日の10回も機転になっている。鳴門工業戦はもう少しで今年もサイクルだったがやはり難しい。

 大阪桐蔭の平田は今日は球を見ている感じがあってもう少し積極的に攻めることが出来なかった。昨日の3HRとは違い今日はノーヒット。故障、連戦の疲れが堪えたか。そして、昨日のもあってプレッシャーも大きかったはず。
 辻内に関しては攻めるなら前半か終盤だと思ったが本当にそこで点をとれたことが駒大苫小牧に関しては大きかった。だんだんよくなっていくタイプで攻めやすいのは前半かな、という感じはしていたので。2回が球が浮いていた。リズムもよくないとくれば、コンパクトに打っていけば繋げる。それでもそれ以降は16三振というからやはり徐々に上がっていくタイプなのだろう。10回は力尽きた。中田に変えてもよかったんじゃないかと思ったんだが、8.9回の投球がよかったから変えづらかったのだろう。
 辻内と平田にかかるプレッシャー。逆に気楽にプレイできた駒大ナイン。大阪桐蔭とてトーナメントを勝ち進むのは難しい。負けたら終わるのがトーナメントの極意。そして何より飽きさせないゲーム展開が見ていて素直に面白かった。もうここまで来たら連覇かな?

 今年は例年に珍しく春の覇者や昨年の覇者よりも別のチームが再注目されるという甲子園かなと思ったが、ここまで。個々まで来たらもう十分かも知れない。楽しかったよ。今日は。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 17:10│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コイントス甲子園決勝と札幌記念、サマーダッシュの予想