引き続き韓国の現代文学と上田岳弘を読んでいた。ただ、やはりこの月は東畑開人『居るのはつらいよ』が圧倒的だった。ケアの現場にいる、いたことのある人間は、身に覚えがあることが随所にあると思う。そういったあるある話から、現代の市場主義への批判を投げかけるあた …
続きを読む