Days

日常と読書日記。 受験生日記は閉幕です。

2018年06月



見:Amazonビデオ

 原作は2001年のものといまから見るとやや古いが、2012年に京アニによってアニメ化されたことで知名度が増したタイトルを実写映画化、という試みはいささか予想外ではあった。古典部シリーズは米澤穂信の代表作としても十分に数えられるほどのものとなっているが、その一作目だけを映画化してもどれほどの反響があるかは知れない。この映画が当たったとは到底思えないし、各サイトの評価もさほど高くはない(むしろ低いと言ってよい)が、個人的にはいくつかの変更を踏まえたうえでオーソドックスに原作を焼き直したんだな、と見た。

 まず折木姉が異国を旅している情景から始まる、というのもアニメにはほとんどなかった点である。映画でも姉が登場してくることはなく、あくまで声と手紙から印象づけるしかないわけだけど、それでもこの物語において遠くにいるはずの姉が重要な役割を果たす、ということだけは明確なメッセージになっている。その後のいくつかの謎解きや展開(たとえば壁新聞部への言及がほとんどないことなど)、そして関谷純の「名前の読み方」などに若干の変更を加えながらも、京アニが現代を舞台としたのに対し、実写版は原作に準拠される2000年を舞台としているところも、原作の焼き直しへの意識を強くした。

 これにどういう意味があるかというと、京アニ版のように古典部のメンバーがスマートフォンで連絡を取り合うことはないし(まあそもそもアニメでも少なかったが)1967年への言及が、33年前(という形で原作と同じだけの距離感を持っていたことだ。これはわりと大事なことかなと思っていて、2012年と2000年ではちょうど12年分、干支でいうと一巡するくらいの距離があり、2012年から1967年へは45年間という、ほぼ半世紀の時間が横たわる。これは主観的なものでしかないかもしれないが、33年間と45年間とを同列に扱うことは少なくともできないだろうし、後者はずっと昔のように思えても、前者なら少し昔、くらいになるかもしれない。ちなみにいまから振り替える33年前はプラザ合意のあった1985年であるわけだから、やはり遠い昔とは言えない程度の距離感だと思う。

 まあそれはそれとして、実写版が京アニ版を意識したかというと、そこまで強く意識しておらず、むしろ原作を映像化することに意識が向いたのではないか、ということだ。それは淡々と小さな事件を解決しながら(鍵のかかった部室の謎、学校史の謎など)少しずつ関谷純と氷菓の謎に接近していく。ここまでならいい。そして映画の特徴的なところは、関谷純と氷菓の謎を、よりリアルな、生々しいものとして奉太郎たちの生きる2000年に持ってきているあたりだろう。

 アニメでは影でしかなかった関谷純に、映画では本郷奏多という役者が与えられているし、彼の「同志」たる学友や、「敵」である教職員たちも、それぞれの役者がリアルに演じている。アニメでは影として描くことで、それはあったかもしれないしなかったかもしれない、(推理から構成される)一種の想像的な産物として描いていた節もあったが、映画では33年前の闘争や関谷純の存在は、それはおそらくあったのだろう、というものとして描かれている。ここのスタンスはアニメと大きく異なるところであり、もしかしたら原作ともかなり違うところと言えるかもしれない。(原作の場合、アニメ版、映画版のどちらの解釈でもとれるだろうと思っている)

 いずれにせよ、「氷菓」と題したこの映画はあくまで古典部シリーズの一つ目というよりは、米澤穂信のデビュー作『氷菓』を2017年に映画化すること、にこだわっていた気がするのだ。「氷菓」の謎をメインに仕立てるための前座としてのいくつかの小さな謎の配置、そして糸魚川養子の新しい解釈。これらは確かに、氷菓の謎を中心に据えるためには、重要なこだわりだったように思う。

 その意味では、細かな改変も含めて、オーソドックスに原作を再構成して映像化したものだ、と個人としては受け止めた。シリーズ作品を映像化しようというアニメ版とは、だから自然とスタンスが異なる。それがアニメで古典部を知った多くの人たちにウケなかったのもよくわかるし、映画として当たらなかったのも、少なくともマーケティング的には致し方ない。

 けれどまあ、元々の原作読者からしてみれば、これはこれで一つの解釈としてはアリなのかなと、千反田えるを演じる広瀬アリスの大きく美しい目を見て思ったのだった。あと伊原摩耶花役の小島藤子さんがよかったと思います。


氷菓
山賢人
2018-03-07



氷菓 (角川文庫)
米澤 穂信
KADOKAWA
2001-10-28



「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
中村悠一
KADOKAWA / 角川書店
2015-02-27

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:937
ナイス数:8

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:04月19日 著者:早瀬 耕
AYAごはん 美筋をつくる最後のひと押し!AYAごはん 美筋をつくる最後のひと押し!感想
よかった。ランチ用のサラダのバリエーションはちょっとずつマネしていきたい。
読了日:04月24日 著者:AYA
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事感想
期待していたとおり非常によかった。いったい何が体に良くて何が悪いのかというシンプルな切り口で様々な食品に言及し、地中海食というひとつの理想的な食事モデルにも言及する。巻末の参考文献はこの本が扱ってきた先行研究を概観させてくれるし、何より随所にはさまれているビジュアルや表組が見やすくてよかった。不確かな情報が多く流通する食事に関するまとまった本の中では、ひとつの決定版になっているのでは。
読了日:04月24日 著者:津川 友介
グリフォンズ・ガーデン (ハヤカワ文庫JA)グリフォンズ・ガーデン (ハヤカワ文庫JA)
読了日:04月30日 著者:早瀬 耕



5月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3477
ナイス数:11

日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち (光文社新書)日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち (光文社新書)感想
2009年にちくま新書から刊行された『学歴分断社会』の続編のような位置付け。これからの日本を支える労働人口を男女や学歴、年齢などの区分によって「8人のメンバー」に分類した上で、その8人の間に存在する分断を定量的に分析していく。最終的に最も恵まれておらず分断が著しい非大卒若年層に光を当てていて、これは非常に真っ当な問いかけだと思うが、男性に対する言及が多く若年女性については後半少し少ないのがやや物足りなく。ただ全体としては非常にクリアーな分析であるし、いままさに読むべき本だろう。
読了日:05月03日 著者:吉川徹
司法福祉: 罪を犯した人への支援の理論と実践司法福祉: 罪を犯した人への支援の理論と実践感想
読み終えたあとに第2版の存在をしったが、1版の時点でも様々な法改正の動向や地域定着支援センターの取り組みなどを適宜網羅していてこの分野の入門書としてはよくおさえられているのかなと思う。実際に支援にあたったケースも議論の合間に挿入されており、支援の実際や各専門職の仕事の一端を見ることもできる。
読了日:05月03日 著者:加藤 幸雄
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資バカでも稼げる 「米国株」高配当投資感想
評判はいろいろあるようだがバイアンドホールドを長期投資でやっていくのであればひとつの王道だと思う。
読了日:05月03日 著者:バフェット太郎
少年院教育はどのように行われているか―調査からみえてくるもの少年院教育はどのように行われているか―調査からみえてくるもの
読了日:05月03日 著者:広田照幸,後藤弘子
構造素子構造素子
読了日:05月12日 著者:樋口恭介
ETFはこの7本を買いなさい―――世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託ETFはこの7本を買いなさい―――世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託
読了日:05月12日 著者:朝倉 智也
コルヌトピアコルヌトピア
読了日:05月19日 著者:津久井 五月
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)
読了日:05月19日 著者:村上 春樹
ゲームの王国 上ゲームの王国 上
読了日:05月20日 著者:小川 哲
現代詩人探偵 (創元推理文庫)現代詩人探偵 (創元推理文庫)
読了日:05月20日 著者:紅玉 いづき
日曜日の人々日曜日の人々
読了日:05月23日 著者:高橋 弘希
ウォークス 歩くことの精神史ウォークス 歩くことの精神史
読了日:05月26日 著者:レベッカ ソルニット

読書メーター
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ