Days

日常と読書日記。 受験生日記は閉幕です。

2016年04月

高坂麗奈へとたどりつくまでの奇跡的な軌跡 ――『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜』(2016年)

監督:石原立也 脚本:花田十輝 出演:黒沢ともよ(黄前久美子役)、朝井彩加(加藤葉月役)、豊田萌絵(川島緑輝役)、安済知佳(高坂麗奈役) 他 制作:京都アニメーション 見:イオンシネマ綾川  公開初日からネット上の評判は芳しく、自分のよく知っている人たちの …
続きを読む

シェア [単行本]  表題作の「シェア」が芥川賞候補になっていたので読んでみたのだが、これが予想外に面白く、受賞するのはおそらく滝口悠生だと読んでいたがこちらも別な角度からもっと評価されていい小説だと思った。純文学として読むにはいささか軽さが際立ってはいるも …
続きを読む
音が二人を優しく彩っていく ――『同級生』(2016年)

 あちこちでこの映画の評判を見ていただけに、香川だと宇多津(のイオンシネマ)でやってるよと書店バイト時代の先輩から教えてもらいこれは行かねばと思い見てきた。2月からやってたことなんかつゆ知らず、4月の22日には公開終了なのでパンフレット完売は仕方なかった …
続きを読む

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫) [Kindle版]  『スコーレ No.4』に続いて2冊目の宮下だったが、思いの外面白かった。ちょっと『スコーレ』に近い筋なんじゃないかと思うが(小さな挫折と小さな成功を繰り返して主人公の女性が自信を得ていくあたりとか)描写の仕方 …
続きを読む
いつになったら外へ出るのか? ーー『スティーブ・ジョブス』(アメリカ、2015年)

 怒濤のようなジョブズの早口から始まっていくこの映画は状況をわかりやすくは教えてくれない。第一幕、それが1984年のマッキントッシュ発売を控えた発表会直前の出来事、というのは分かる。あと40分、なんとかしてマックに「ハロー」と言わせたいジョブズの思惑と、な …
続きを読む
抵抗のために踊り続けろ ――村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』(講談社文庫、1991年)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫) [文庫]村上 春樹講談社2004-10-15  間違えて最初から下巻を読むというアクロバティックなことをしてしまい、しかもそのまましばらく気づかないという事態になってから上巻に戻ってようやくスタート地点に。ミステリー小説風の展開 …
続きを読む