Days

日常と読書日記。 受験生日記は閉幕です。

2007年08月

<進研記述>
国語:106(57+49)[66.6]
数学Y:130[65.3]
英語:152[74.5]
日本史:86[75,7]
政経:68[71.7]
生物:69[63.4]
――――――
トータル:611[72.9]
3教科:388
国英社:412


<判定>
神戸:C
岡山:A
東北:C
大阪:D
早稲田(政経):C
同志社(法/政治):A
立命(法/政治行政):A
  (政策科学):A


 6月の進研マークのトータルよりもいいあたり、やっぱり記述のほうがいいわと実感。時間配分もしやすいし。進研マークがとれなさすぎなんだけどね。判定も今までよりいずれもワンランク上がってる。
 国語はどうしても不本意かな。できなかったのは小説と古文。んー。評論も6割5分なんで若干不本意ではあるが。これができていれば3教科400超えたけどね、なかなかに難しい。ただ偏差値では数学よりも上。
 数学はとりあえず満足。Yを受験(主に文系)だけで、校内トップでした。理系でもY受けた子が何人かいたらしいけどその子たちよりもとれたのは少し自信になる。この水準まで戻せたのは良かったが、微積はできたなあと思って悔しい。数列は公差と書くところを「初項d」と書いてマイナス(
 英語はとりあえず安定。委員長に4点負けたのが悔しくてたまらないけど。ただ和訳が全然できなかった。英作で46/48もとれたのはいい。落とした2点は所有格がなかったのと、時制がおかしかっただけ。情けねえ。
 英語と日本史は神戸のB判定レベルらしいです。よう分からんけど。日本史は自己ベストかな。
 神戸と東北の判定同じだけど進研マークのせいで、東北の二次判定はBでした。神戸は結構レベル高いよね。東北受けようかな(
 早稲田のCも嬉しいんだけど本番で日本史がこんなにとれるわけありません。

<代ゼミマーク>
英語+リ:146[64.6]
国語:156(42,42,22,50)[65.2]
数学:164(100+64)[61.0]
日本史:61[61.0]
政経:73[68,6]
生物:66[59.1]
―――――――
トータル:659[66.0]
英国数:459[64,5]


<判定>
神戸:C
岡山:A
東北:C
大阪:D
同志社(法/政治):C
立命(法/政治行政):B
  (政策科学):A
関学(法/政治):A

 代ゼミはレベルが高いんで、偏差値は伸び悩んでるけど判定は悪くない。国立は進研の鏡写し。私立は、代ゼミが関西の判定をしてるんであてにはならんね。進研が多少出過ぎ感はあるけど。つか、早稲田を書き忘れてる(
 大体は感想を書いてるんで特筆すべき事は、まあ英語が悪いってことくらいか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 U-17グループD日本×フランス。フジの中継を3時まで見てたんだけど、どうしても悔しいなあと。前半の柿谷のゴールはすごすぎ。狙ってもできんよ。
 前半も後半もボールはフランスにどうしても支配されがちだったけど前半ほど後半のほうが決定機を作らせなかった。フランスは日本ほど走ってなくてミドルが多くなるのが関の山。それを考えたら日本は柿谷と水沼が前半から切り込んでいく動きで攻め入る展開が多かった。あくまでも、数としては。
 フランスは前半のほうが後半よりもチャンスが多かった。ただ後半のあの一瞬の集中力、キレは凄まじかった。日本は一気に飲まれていった。そのあたり、どうしても格の違いを感じてしまった。
 ただ3試合の中では日本の型が出た本当にいい試合ができていたし、勝つんじゃないかと思わせたあたりは素直に楽しかったと。ただまあ、負けても文句は言えない試合でもあるんで、この経験を次に。2009年エジプトのU-20ワールドカップが楽しみになる。
 若いからかも知れないが、柿谷や水沼、端人や河野のような切り込んでチャンスメイクできる選手が多かったので、これは素直に日本の将来に期待していいよね。

 夏休みも残すところ一週間を切りました。
 9/1の始業式のあとに日本史の中間テスト(前期)が入って、来週は明治の文化と格闘せにゃならんようです。
 あと、夏休みの宿題を。放置していた生物と日本史のプリント。
 LT現代文はあといくつだっけ?8問ぐらいあったような。
 あと数学のサテラインの後半のまとめ問題をやっていこうかなと。とりあえずBの分野だけでも。図がもっと書けるようになればね。書けないってことは理解できてないってことだしね。
 英語は速単と英作文300選だけは続けないと。時間があれば総解英文法にも。以上。残り5日の予定にしては詰めすぎ?
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日付変わって、今日は甲子園決勝、サッカー国際Aマッチ3連戦と大忙し。甲子園は学校があるんで熱闘甲子園のほうで。 
 カメルーン戦とU-17のナイジェリア戦は中継で見るつもり。ぶっちゃけU-17のほうが面白い。U-20のときもアジアカップより面白いと思ってたんで(オーストラリア戦は別)A代表にもっとそういう試合を期待。
 若さ故の自由と爆発力、チームも長い間気の知れたメンバーだから、ユースで日本が活躍するのは妥当なのかもしれません。それが大人になっていくごとにだんだん制約も増えて、世界との距離が遠くなっていく。
 どうのこうのっていうのは難しいんだけど、アジアカップを見る限りは闘争心はU-20に完敗だった。せめて気持ちだけでも、と思いながら。甲子園とプロ野球の違いみたいな感じかも。巧さの問題じゃない。いやまあ、それでも今のユースは巧いけど。年下とは思えん(当然

 河合マーク明け、久しぶりの学校は疲れの残る。
 とりあえず日本史と政経とIAの復習はしてみたんだが、日本史は悔しいところがいっぱい。寝てたっけ?政経は5分前に目が覚めてあわてて直したところが合ってたんだけど。日本史が政経に負けることは基本あってはだめなはずなので。
 IAは、一問と四問をどうしてもっと落ち着いてやれなかったのかと。二問は計算ミスで終わり( 三問はよく練られたいい問題でした。立体もできるようにならないとね。

 進研ゼミに記録してるものによると8/19までのトータルは172.5h/300h。
 O.C.とそれに伴う疲れなどで予想以上に伸びてないというのが実情。目標は、250に下げます。

study
8/20:1h[英語10m日本史と政経50m](河合の反動)
8/21:10h[数学3,英語3.5,日本史3,国語0.5]
トータル:183.5h/250h
(残り10日間/64.5h) 
[予定]
 河合の復習、速単リーディング、竹岡の英作、総解英文法、流れが分かる日本史Bテーマ史、LT現代文、読み解き古文単語
 数学は随時プリントで。今日から二次っぽいのをやり始めました(出典は「入試頻出 これだけ70 数学記AB」から)
 あと自習用にZ会のチェック&リピートは評判いいので買うかも知れません。

8月の読了本
『サマー/タイム/トラベラー 1・2』新城カズマ
『冷たい校舎の時は止まる』辻村深月
『ぼくと、ぼくらの夏』樋口有介
 今年34〜38冊目
 樋口を読んでると恋がしたくなります。どうしようもないくらいに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国語:149(評5020古33漢46)
英語:156
リスニング:32
数学I・A:53
数学供B:63
日本史:79
政経:78
生物:69
―――――――
トータル:647(リスニング除く、72%)



 感想は、何とも言えん。数学はIAのほうが難しいというネットでの評判通り。二次関数がてんやわんや。確率は途中式間違ってるのに期待値があってるといかいう不可思議現象。もういいよ(
 つか、他全教科めっちゃ悔しい。強いて言えば政経が自己ベストなくらいか。変えたところが結構合ってた。ただ日本史は変えたところが間違ってて8割陥落。代ゼミと同様農民問題で落とす。仏教は満点だけどね。仏教が出てくれるとほんと助かるんだが。
 国語は、小説かー。しゃーないと言えばしゃーないような変な文章ではあったけど、んー。評論と漢文にはおおむね満足。評論満点久しぶりだ。結構時間かかったけど。古文は最初の口語訳で落としたのが情けない。
 英語は、一番落としちゃ駄目なところでありえないくらい落としました。確かにおかいしなとは思いつつ、他の問題のかねあいもあって吟味しきれなかっちゃのが悔しい。謎解きっぽいのがあって最後までしっかりと読まないと解ききれなかった。悔しいけど、そういうこと。マークのジンクスをなかなか崩せない。

 まあ、マークより記述のほうが大事な気はするんだがだからといってマークができないのも情けないのでもう少し頑張ります。数学は、やっぱりまだムラがあるんだなあって思ったし。安定感と信頼感はやっぱり英語が記述でもマークでもいいのは間違いない。
 えー、周りが浪人ばかりという完全アウェーのなかよく頑張ったというべきなのか否か。
 とりあえず、9月の代ゼミorベネッセ駿台で700を目指す。今回はあわよくばだったけど次は狙いにいってもいい。ただ、焦っちゃ駄目だ。焦ったら何もできない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 クイーンSのアサヒライジングは意外にも重賞初制覇。G12着が何度もあるシルバーホルダーも、まずはG3。

 書店で「スカイ・クロラ」の映画化を知りました。発表は6月にあったみたいですが。監督は押井守。公開は来年。いやあ、楽しみだね。
 結局、森博嗣の中で唯一”読める”シリーズかもしれん。S&Mも途中で挫折したクチだし。


 書店では予定通り辻村深月の『冷たい校舎の時は止まる』上下巻を購入。ノベルスで出たときからずっと買いたいと思ってたけど高いし色々あって断念。メフィストにしては3年で文庫化は早いよなあと思いつつ。そしてメフィストにしては面白い。
 丁度今読むことで主人公達と心情的にかぶってくるのが面白いのと、登場人物の書き込みが半端ない。それぞれが持つ性格と内に秘める悩み、回想を含めて綴られるエピソード。青南学院という名門の進学校っていう場所も、彼らにはぴったりの場所。福岡の名門西南学院から名前もらってるんですかね。
 作者自身も山梨の進学校のそのまた上位のクラスにいて、そこでの葛藤も投影されてるんだろうと思う。じゃないと、メインの委員8人以外にも彼らを引き立てるサブキャラまでここまで緻密に書ききることが出来るだろうか。周りからいっぱいヒントをもらったんだろうなあと。
 息抜きに読んでたら早くも上巻を消化しました(
 夏の暑さも吹き飛ぶほど怖いね。

 あと「流れが分かる日本史Bテーマ史ノート」が面白くてやってる。日本地図とか、苦手な土地制度とか社会経済史とか。本家流れが分かるほうも買おうか悩んだけど実況中継のサブノートで乗り切る。今やりたいのはむしろテーマ史だったから、楽しい。
 
study
8/10:11h
8/11:6h
 サテライン(西谷昇二のフラッシュバック)で早稲田の教育の問題やったんだけど、結構合ってて楽しかった。文章の内容もね。
 ただ西谷先生、既知をずっと「がいち」って読んでましたぜ。木偏はねーですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏休みの折り返し。
 課外があるんでまあ休みではないんだけど、少し気がゆるんでいるところはある。早稲田のこともあるし。
 指定校だけど受験レースから降りられない理由が色々あるんだけど、まあ初めから降りるつもりではないし(むしろ指定校が不意すぎる)満身創痍で東京に行きたいので。
 ただまあ、読書する時間は作るかも知れない。
 
 今後の課題は
・古文の本数が足りない(その上で精読も必要)
・漢文に少しムラがあるし知らない言葉も多い
・政経に手をつけていない
・日本史の前半部分が少し不安(前回の代ゼミでいくつか露呈した)
 テーマ史をやってもいいと思ってる。あとは実況中継とサブノート。まだまだやってないし。CDも使いつつ
 収穫は
・数学の本数が増えた(ただし要復習
・英語の勉強法を変えたことで見えてくるものが増えた
 数学はセンター用の問題を授業などでやっていることもあって本数が増えていることと、実感もでていること。図形が好きになってきた。立体はまだ苦手だけど。今年のセンターの問題もできるように(いくつか)なったしね。
 英語は一昨年とも去年とも違うことを今はやっている。あの時は出来なかったことを。点数、特にマークではなかなか結果に出ないけど実感はいい。サボらないでいきたい。

 いい感じはそのままに、その上で補強すべきところはしっかり。
 古文漢文は基礎も若干弱い部分があるのでそれを確認しつつ文章を読みたい。単語も継続して。

 仙台育英初戦突破おめでとう。次も智弁か。しんどいな。
 初戦はいい試合でした。授業終わってたんで教室でラジオで聞いてたんだけど、本当手に汗握るような。実況のがっぷり四つとはこのことか。9回の三者連続三振には痺れた。本当、6回だけだった。
 金光大阪は初戦敗退。これが甲子園、これが全国。

study
8/9:7h
8/10:9h(今のところ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 遠征(そして旅行)のことを書く前に4/18,20の日記のネタバレをしなくちゃいけない。
 指定校推薦の話が舞い込んできたというので、あまりにも唐突に。ビックリしてたんです。その学校がとんでもなくて
 早稲田大学政治経済学部政治学科
 場所は東京。偏差値は79。今のところはD判定。すんげーところから来たものだと思いましたよ。早稲田が関西にあったら悩まないのにと何度思ったことか。東京には行きたくないとずっと思ってたので。
 7月までは気にしすぎると手につかないんでひとまず忘れてたんだけど、8月のオープンキャンパスが近づくにつれて意識し始めて、また少し悩んでたんですが。
 
 そんな中まずは8/2に岡山大学のOCに。
 来たのは2回目。広いよなあ、ここはと再確認。どれだけ土地をとってるんだと。大学の中に普通に道路走ってるし、自転車がないと疲れてしょうがない。
 ここは、岡山らしいというか賑やかすぎるわけではないけれどいい雰囲気記でした。法学部の説明は若い先生で熱心な先生が多いっていうところに惹かれたかな。
 学部長が政治学の人なんで方針としても両方できる場所。ただ、学部長かつぜつ悪いよw俺が言えることではないかもしれんが。
 不運なことに台風5号ウサギのせいで1時間説明を聞いた時点で「警報のため電車が止まっています。四国から来航の方は・・・・」ということで周りは帰り始める。電車が止まってたらどうするんだい、と思って学生の話を1人だけ聞いてバスに乗ろうと思って帰る。
 ただバスは予定外だったんで乗り場が多すぎてまず焦る。なんとか場所は分かったものも時刻表などないので着く時刻が分からない。運が良かったのはバスに乗るときに前にいた人の行き先が同じだったので便乗させてもらいました。席も隣に座って話をしながら。
 そしてまた運のいいことに本来ならバスが着いた時点で船も出ているはずが台風の影響で船が遅れていてなんとか乗ることが出来て帰還。これにもし乗れなかったら岡山に泊まらなくちゃいけなくて次の日東京に行くのが遅れてたんでほんまよかった。ツキがあったらしい、と。

 8/3は早稲田ですよ早稲田。羽田からモノレールで新橋に。そこから東京メトロを乗り継いで早稲田に。
 第一印象は静かなところ。大学も岡大を小さくした感じ。林みたいになってたし、学食は森の中にあったし、ええ感じです。昼寝したら気持ちよさそうなw
 午前に学生と個別に話を聞けたので学部学科が同じ人に話を聞きました。地方出身者が多いこと(その大半が指定校)とか去年島に車で半日かけて遊びに来たとかw、香川出身も四国では多い方だったし、慣れる慣れないを心配する必要は全然ないとか、勉強のほうも英語ができればいいくらいであとは数学ができれば経済の勉強も出来るよ、とか。偏差値の割に単位とりやすいとか。
 その人の主観も結構入って入るんだろうけど、その人も埼玉から来てる人で東京の人ではなかったから、ああこんなものかなあと。教授も有名で面白い人が多いし(今日の朝日の政治欄にもも政経政治学科の教授が写真つきで載ってたし)やっぱり刺激が強いんだろうなあと。
 行きたくない→行ってもいいかもと思わされました。少なからず、東京のメリットは見つけられた。デメリットしか思い浮かばなかったんで。それはなくならないんだけど。俺がいる間に地震起きないよね、とか。耐震のところを探さないと。
 そして香川に帰ってきて報告などもしていたらそういう方向で話が進んでいってる。今日はもう一人候補に挙がっていた女子に「行ってくれるんなら助かる」って言われたし。その子は学部的に行きたくないって言ってたから俺の行きたくない動悸とは違うよね。俺は学部学科もピンポイントなんで。俺が悪いよ、それは。
 言われたのは「若いんだから冒険してこい」って。こっちに帰ってきたいなら院にで帰ってくればいいと。ああ、その選択があったか。
 言ってることはよく分かるというか、実際行ってからそんな風に考えたりもした。まだ確定ではないんだけど、前ほど吹っ切るのに障害があるわけじゃない。
 
 長くなったが、色々あった説明はこんなところで。
 甲子園始まりましたね。
 去年は仙台育英だったかな。今年も仙台育英でいいです。初戦が智弁和歌山でキツイとは思うけど。去年はベスト8の日大山形に負けてるし春は常葉菊川に負けててどれだけクジ運悪いのかと思うが(勝負は面白いけど
 今回も智弁学園、帝京、金光大阪がいる超激戦区。まあ、どこまで勝ち進めるか。エース佐藤由規以外も去年の夏と今年の春などの経験が生きてくるはず。
 あとの注目所は一校あげるなら高知。今治西、金光大阪あたりも面白いし、常葉菊川もクジ運はいい。2年生エースがどう投げるか報徳学園まで。
◎仙台育英
○高知
▲報徳学園
△今治西
×常葉菊川
 予想してるなあ、結局。四国勢は香川以外は基本強いです。

※仙台育英の去年の夏の甲子園の敗戦校について
 早稲田実業と記述していたのだが日大山形だったので訂正。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 要約すると、色々あった(
 久しぶり。8月初投稿。そりゃあ、ね。台風に煽られ色々あるわ。
 遠征してきました。大学見学に。書こうと思うと時間がかかるのでまた明日か明後日かということで。
 今日はまだリズムが完全に整ってない。少し気持ちがせってしまって。
 まあ、焦ってもしゃーないと。
 
 日付変わって、一昨日が広島原爆の日。明日が長崎、ファットマン。小倉が天候不良で長崎が煽りを受けたという切ない場所になっちまったわけだが。
 これに関しても最近色々あったので少しだけ書いておこう。誰かさんの日記の影響もあって、なんだが。
 久間発言は、あれは完全にアメリカの言い分だなあと聞き流していた。ただそれを公然と日本人が言ったらたまったもんじゃない。「原爆を投下して終わった」っていう解釈も正しくないと思う。終戦に向けて裏で着々と進んでいた中での出来事だったわけで、ほとんど決着はついていた。それを、膨大な民間人を巻き込んで前代未聞のタブーを犯した(戦争とはいえ)アメリカの罪は大きいと思うんだが。
 そんなアメリカは日本に対してはリメンバーパールハーバーもあり、日本と史観が全く違うことは明らか。日本人とアメリカ人との価値観の違いはアメリカ人が悪いのではなく、そういう思想が悪い。保有国だし、それが本音でもあるのだろうしね。
 日本人ができること。『亡国のイージス』じゃないんだが「これが戦争だ」っていうことをこれからの世代にどう伝えていくか。その前に、今の日本人に自覚がもっと必要なのかも知れないが。
 日本は戦争をしない国でいい。軍隊を持たない国でいい。自衛隊の議論は続ければいいし、今の憲法でも解釈は出来るはず。完全に一線を画すことはね。
 もっとそういう自信とか尊厳(そして唯一の被爆国として)を持ってもいい。「今の憲法が現実にそぐわない」なんてクソ食らえだろうね。むしろ逆だ。そういう現実に持っていく努力をするべきなんだ。つか、そういうことも憲法の前文に書いているはずなんだけどね。
 特に21世紀、冷戦は終わったものも核を取り巻く緊張は緩やかながら続いている。だからいよいよ日本がもっとしゃしゃりでてもいいだろう。そうしないと、証言できる国なんでいないんじゃないか?

 少し雑な文章になったが、報道ステーションの特集で日系アメリカ人が被爆者のドキュメンタリー映画を作ったということに感動して、俺の思いも綴ってみた。香川ではやってないんだよなあ。岡山まで行けば見られるけど。
 ゼーガペイン風に言うなら「消されるなこの思い 忘れる我が痛み」がピンポイントだよね。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ