アズマサンダーステイエムサンデー

2005年02月01日

マイネルデュプレ

 フェブラリーか今日から。そのままフェブラリーSということに連想してしまう。去年のように英検は受けてないけど多分テスト期間中なんだろうなあ、どっちみっち受験生だからのんびり予想は出来ないけどメイショウボーラーの扱いどうしよう。マイルも大丈夫だろうけど、なんつーかずっとダートでは嫌ってきたからなあ。芝では印つけまくってたけど。NHKマイルも本命だったんで。
 あとはバレンタインとかテストは診断テストと学年末テストとか英検はなくてインマイバースデイとか、15歳になるんだってー、あーでも数え年齢で16歳だからあまり気にしない。数え16でもバイクの免許は取らせてくれないけどね、つーか数えっていうのは古いか。まあバレンタインに関しては世間体はともかく俺には関係ねーなーというわけで。チョコレートもらえずの連続記録は更新するのでしょうか、まああっさり更新しそうだね、という印象。イコール年齢じゃないんだけどね。

 三菱のスリーダイヤ廃止とか一太郎販売中止命令とかおいおい。後者に至ってはまだ一審なんでまだまだ続きますがそれでも一審なんでおいおい。何というかワード主流の中で一太郎はまだまだ癌バテ欲しいと思います。初めてパソコンを触ったときからずっと一太郎や三四郎のコアなファンはまだまだいるわけで。うちの美術の教師とか俺もそうかwワードには不満も多いし最近の場合はワードとエクセルが必須事項何でまだまだ一太郎頑張れということで典型的なマイクロソフト嫌い。
 ジャストシステムも昔並みではないんだろうなあ。けど少なからず変換ソフトはIMEより断然ATOK。学校のパソコンはIMEだから使いづらいのが本音。ワードもエクセルも揃ってしまって小学校の時に一太郎とかで文章書いてたのに全然続かないじゃないかというのは時代の流れというわけにはしないで欲しい。文句たらたら。

 今日は火曜日なのでスクールランブル→六番目の小夜子→新救命病棟24時というテレビかじりつき。フィニッシュはまあ報道ステーションなんでいつも通り。
 あースクールランブルなんですが今鳥もカレリンもどうでもいいや、っつー感じだったんでエンディングは笑ったけどね。多分今日だけだろうけど面白かったよあれは。来週のほうが面白そうと言う、サイドストーリーいくつか挟んで播磨レッツゴーかな。まあ、来週のを見たら通常エンディングの意味が明らかになると思うんで。付け加えれば体育祭バージョンも作ってると言うことなんだろうな。そのうちコミックスに追いつくぜ?w
 小夜子。栗山千明がいい感じ。最初はシリアスだなあと思ったんだがそれだけじゃなくて凄く親近感の沸くキャラクター。だんだん沸いてきたという感じかな。鈴木杏も面白いよ、山田孝之もH2よりこっちのほうがいいだろw鈴木杏は俺より2つ上ということでそんなもんか。
 救命病棟。もうそんなに仲村トオル出ないんだろうなあと思えばちらほら出てくる訳か。どこまでストーリーに影響するのかは分からないが軸は基本的に江口だし。松嶋さんやはり年齢を感じるなという本音。MEGUMIは個人的に好みでプライドよりはいいだろ。まあプライドはどうでもよかったんですが。あー最近の月9は大したこと無い、っつーか俺自身そんなにドラマなんて見ない。と言うのが浮き彫りになるというか面白いものないもんなあ。去年の今頃は21世紀版白い巨塔見てるんで江口だよ江口。主人公は唐沢寿明だけど。

 ローレライの1巻読みつつ。また明日。ローレライの一つの魅力に気付いたんだけど椰子の実が歌われるところだよね、藤村の。名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実一つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
burningday at 23:13│Comments(0)TrackBack(0)days 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アズマサンダーステイエムサンデー